テイルズウィーバーのこと

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 19:59

ブログの苦し紛れのサイト型表示、やめました。唐突。

 

これからは気の向くまま、何かしらを書きに来ようと思います。

 

それで。

今年3月10日に復帰したテイルズウィーバーですが、2か月経ちました。最近集中力が続かなくなってきたんですが、やる気だけはあるようで、毎日ログインはしています。

ある時から、ランジエとティチエルはほかのクラブのお世話になっていますが、ある程度レベルが上がると停滞するのは、いつでもどこでもいっしょ。他の人ほどやりこむタイプでもないし、レベルが280だか285まではチュートリアル、みたいな変人(ごめん)気質でもないですし、やりたいようにやってればいいじゃない………

…なんでこんな投げやりなんだ。

まあ、嫌なことがあったのは確か。

 

2か月経ちましたが、ランジエはカンストどころか3次覚醒もしないまま、Lv277でストップ。

ティチエルも、元が130ちょっとだったのに、いまだに241くらい。

元々、TWに戻ったのも「刺激を求めて」だったので、ただひたすらレベル上げにいそしむ毎日は、飽きる。

刺激を求めてたし、メインストーリーを目当てに行ったのに…現状とは……

そんな感じなので、ほんと、目の前にはやることがたくさんあると思うんですが、自分的には暇なんです。

何か面白いことないかな。

 

そんな感じです。

 

そういえば、ゴールデンウィーク中に神殿に籠っていて、共通スキルが出ました。

よくわからないけど、習得した。

20190515_01

今のスキルとかよくわかってないので…

 

JUGEMテーマ:テイルズウィーバー

令和ですね

  • 2019.05.05 Sunday
  • 03:08

えっと、5ヶ月ぶりにこんばんは。

おはようございます、柊です。


3時なんですが、ふと思い立ったので書きに来ました。

作品という重い荷(だった)から解放されたためか、ブログでさえ更新しなくなってしまっていました。ダメだな…この何年か、それこそ…忙しさで気持ちも体も追い詰められていた、あの一年間(平成29年度です)を境に、忘れることも多くなったし、後回しにすることも、完全に手放してしまうことも多くなって、結果、ここのようになるものが多くなりました。

テレビ番組も、録画だけして、時間をかけてBDには焼くけど、一切見ないまま何ヵ月、一年以上も放置してみたり、小説やコミックも買うだけで読まないとか、市販のBDやDVDも、買って満足。雑誌もそう。なんなら、おやつや他の食材もそうです。次の段階に進まない。

こんなんじゃいけないと思うんですが、「どうせダメ人間に成り下がってしまったし」とか負なことを考えて、結局また同じことの繰り返し。

こんな自分が嫌なので、いつかしかるべき機関に…と思っているのですが、なかなか脚を向けられず。批判的な、或いは理解力が足らない人が周りにひとりでもいると、きっとみんな同じなのかな?いや、私はそれに関してこそ批判的なイメージを抱いているので、それがダメなのかもしれませんが、一度ひどい一言を浴びせられたことがあるので、余計に後ろめたさがあるんです。

うん、考えていたら気分が悪くなってきた…やめよう。


とりあえず、生きてはいるので、報告です。

Twitterは、数ヵ月前に比べると、また賑やかになったと思います。

というのも、13年くらい前?に引退したことになっていた、テイルズウィーバーを再開してみたので。

いまは全然違いますね、昔と比べて、まるで別なゲームでもしているようで。やってることは似たようなこと…だと思うんですが、あれはもう…なにゲームなんだろう?よくわからない。

よくわからない。けど、復帰してから2ヶ月くらい続いているので、まぁもうしばらくは続けると思います。

ブログも、ぜひTWの記事とか…書きたいですよね…書けよねわし…。


ところで、令和感がまるでないんですが、時代は令和なんですよね?

私もようよう古い人と言われるようになってしまうわけですね。まだ10年くらい先かな?

まあ、どう呼ばれてもいいですが…そんなに長生きはしないと思うので…


そんな感じです。

3時過ぎてもコーヒーのせいでか寝られない。数ヵ月ぶりの完徹の予感。


あ、記事の整理とかもしたくなってきた…作品展示、結局しないだろうしな…もうなにサイトだよ……。

ナイトランナー

  • 2018.12.03 Monday
  • 19:05

最近、雑誌の切りぬきをようやく整理し始めたのですが、なにぶん2013年からの5年分なので、量が相当多い。

そのため、いままで試行錯誤を繰り返してきた、コミックと小説を、除湿対策をしつつ箱にいれようということになりました。個人的に。

で、この日はあの頃(5年くらい前です)ドはまりしていたナイトランナーを移していました。

片付けとかしてると、本って開いちゃうんですよね。最初の数ページを読んで、「いかん」と慌てて箱に詰めて背表紙を眺めて、「やっぱりナイトランナー好きだな」って思ったわけです。これがあったから、私の小説人生(二次だけど)があったわけです。

心に余裕ができたら、またのんびり読み始めたいと思います。ついでに、入手できていなかった巻もほしい。

 

----------

@19:16

雑誌の切り抜き、後からちゃんと確認したら、2009年からありました。

そりゃ多いわけです…

ゆきうさぎのこと

  • 2018.12.02 Sunday
  • 20:05

雪で作ったうさぎ、ではなくて、ウチのことです。

ブログメインとしていましたが、サーバーの契約が切れるのを機会に、完全にブログサイトにしました。

まあ、それも自己満足。

こんな自己満足に、お付き合いいただける方がいるなら、ぜひ今後ともよろしくお願いいたします。

 

そんなこんなで、PCで見ていただいている方はわかると思うのですが、ブログの左っかわに、「イラスト」とか「更新履歴」とかのメニューをつけました。

え?前からついてた?そうですね、そうです。ブログじゃないページに跳ぶように、リンクを貼っていました。

が、いかんせん、そのサーバーの契約を切ろうというわけです、ページも切れることになるので、ゆきうさぎとしてのデータはブログに移行しておこうと思い、昨日から今日に掛けて、データをちまちま入力しては修正し、修正しては入力し、を繰り返していました。

そして出来あがったのが、いまあるページ。小説とイラストに関しては、気が向いたらまた作ります。刀剣乱舞の小説は、あれ?どうだったかな、ブログにあるような気がします。興味がある方は探してください。私自身、少なからず興味があるので探しますが、なければ、どうにかします。

 

…で、作業をしていて、気づいたわけです。

左腕が、ごりっごりに重い。ごりごり?いや、ものすごく。

感覚がにぶいというか、腕から肩にかけてが重くて重くて、肩を上げるのもつらいというか。実際、入力しているのも辛いので、たぶんあと少しで今日の記事も終ります。

その昔、長文なんかを一日に何本も生み出していたころは、このくらい平気だったんですけどね。丸一日掛けてサイト形を変えたことだってあるし。最盛期から、5年くらいですか。たったそれだけで、こうも疲れやすくなるとは…恐るべきアラサーです。

まあ、長い事手首に負荷は掛けつづけて来たので、腱鞘炎…一歩手前、みたいな所もあるんだと思いますが。

そうなったら嫌だから、本当にやめよう…。

 

そんなかんじです。


ときに、最近新しくFGOを始めてみたので、IDなんか置いておきます。よくわかってないので、好きになった子を好きなように、育てて遊んでいるだけなので、あまり期待はしないでください。

柊→491,512,770

潮時なのかと

  • 2018.11.25 Sunday
  • 22:58

前々から、「いつかは書く」「きっと書く」なんて思って自分を鼓舞して、まぁ1つくらいはその形になる物を生み出したりしましたが、それでも考えとは裏腹に、気持ちだけが急いていて。その焦りが逆効果なのか、余計に気持ちが入らなくなって、結果ゲームにばかり逃げてしまって。自分のことなのに、まるで他人事のように感じながら、昨日か一昨日かその辺りに、ロリポップ!レンタルサーバーの契約期限メールを受け取ったのです。

期限は12月5日。遠いようで、近いです。

たぶん、ここで決めなければ、今後何もしないまま毎年数千円を水に流していくのだと思うのです。それが自己満足でしかないので、柊がよければ、周りはどうだって良い事なのですが、かつては確かに待って下さっている方々が居ました。その方々を、大なり小なり裏切った形になってしまっていたことは、まぎれもない事実で、消すことのできない過去で、きっとこれすらも「黒歴史」の中の一つになるのだと思います。

まあ、そんな単純で簡単で、三文字で片づけてよい物ではないと思うのですが。

もういっそ、何もやらなければよいのではないか?と、ふと思ったわけです。

ゆきうさぎという、どえらい山奥の今にも崩れ落ちそうな洞窟の更に奥辺りに構えた、柊の自己満足で作った小さな部屋を、跡形もなく消してしまえば、きっと私自身の気持ちもすっきりすると思いました。誰も痛くもかゆくもない。きっと私の心には、何かしら変化があると思います。けれどたぶん、悪い変化ではない。

13年です。柊の人生の、約半分です。あって当たり前、みたいなものでした。最初は何もわからない所からスタートして、優しい方々に技術的な面からも支えられて、独学でいろいろ学んで、ここまで来ました。それが社会に出てから役に立った部分もあります。それがあったからこそ、社会に出てからの4年間、我慢を続けられたところもあります。

と、まあ、いろいろ考えると、やっぱり惜しい気持ちの方が強くなってきます。残すなら残せばいい。消すなら、徹底的に。この13年の間に、考え方も性格も変わったような気がします。昔書いていた、日記のような物は、もうデータも残っていませんが、最初はどんなことを書いていたのだろう。好きなことに正直に、その時感じた気持ちをただ綴っていたと思います。そういう時代に戻れたら、どれだけ良いか。戻りたいです。いまはどうして、そんな気持ちはあるし、好きな物に対する気持ちの強さはあの頃と変わっていないはずなのに、それを形にすることが出来なくなりました。

「歳を取ったなぁ」と思うのです。たかが13年ですが。人生のほぼ半分なので。

ここまで書きながら、「やっぱり残そう」「いや、消そう」「でも何も出来ない」「ならやめよう」なんて自問自答が延々と繰り返されています。人生は悩みが尽きないんだと思いますが、このことだけで悩んでいられるほど、甘くはない。ましてや、明日からの一週間のことを考えると、急激に胃痛がしてくるほどです。痛い、ほんと、どうしよう。痛い。

…、と、まあ、そんなかんじで、柊のマイナス的な悩みでした。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM