十四松の話

  • 2015.11.15 Sunday
  • 21:22

はい。

十四松です。

私が描くとなぜかだるまのようになる十四松です…経験が足りないってこういうこと。

公式の松たちを見ながらラフを修正して、なんとかこの形まで持って来ました。

頑張ったと思う…思ってる…自分では。

 

元のラフはイラストのページにも載せてますが、これ。

6つ子の言葉を色で分けてますが勢いと迫力に欠ける…

「ポッキーの日」だからと外で見つけてきた「ポッキー」のつもりのものを掲げたらざわざわしだす他の兄弟にも負けず「ポッキー」だと言い張る十四松。

かわゆす。

しかし私のは可愛さに欠ける…Oh...

ここで小話ですが、
この日おそ松たちは十四松に150円を持たせてポッキーを買いに行かせたらしいんです。
なぜ十四松だったのかは謎(考えてない)。
暫くして帰ってきた十四松の手にうごめく何かがあってラフに繋がります。たぶん。

このチンアナゴ、後に十四松のペットにでもなったんじゃないでしょうか…たぶん…

わかんないけど!

 

しかし本当にだるまみたいだな…って。
色付けるまえの線だけ仕上げたところ。

ついったーに上げたやつなのでらくがきしてますけれども。
色をつけて初めてまともに見える物になった気がします。

これが全体かな。
白黒で作品公開できないってことだな…

もっとがんばろう。

 

そんなかんじです。

 

絵の画像あげてるのでついでにこれもあげとく。

1.「ポットくんを仕上げるぞー」

2.「線画できたぞー」

3.「とりあえずDさんの色おいたぞー」

4.「十四松カラーにしてみたぞー」

5.「とりあえずこんなかんじだぞー」

6.「あーかわいい」

7.「十四松カラーはしのびないので髪をうすくした、ぞー」

まぁそんなこんなであのポットくんが出来上がったわけです。

かわいい。

 

あらためてそんなかんじだべ。

小野型艦のはなし

  • 2015.03.28 Saturday
  • 01:30

気付いたらDさんとYは同じ屋敷に住んでましたが、出会いって必要だよなと思ってそれとなく書いてみたりしました。

本当の本当の最初のおはなし。

文章に愛情が籠っていない…これが半年以上のブランクか。

続きを読む >>

HTMLいじりしようとすると眩暈が

  • 2015.03.27 Friday
  • 23:08

久しぶりだからなのかな…
前は当たり前のようにテキストエディタを開いて編集できていたはずなのに、ここ何日かサイトを見ながら「ああしよう、こうしよう」と考えているうちに目の前がぐるぐるしてきて、終いには固まりかけた考えが全部吹っ飛びます。
決して嫌なことをしようとしているわけではないのに…
なんとも不愉快です。季節的な物もあるのかな。

なんとなく花粉に負け始めている気がします。目が痒い。

 

と、こんなボヤキくらいしか書くことがないので、昨夜適当にでかしてついったーに載せたDさんを2枚。

うん。
ずっと形にしたいと思っていたDさんです。ちょっと顔が幼いですがそこはDさんなので仕方がない。
カラオケ店員をやっていた時に、大輔さんが一日店員体験なんてやりに来てくれたら面白いのにな、と脳みそに夢を描いていたら、実際夢に見てしまったのである程度『鮮明に』覚えてるんですが、当時お世話になっていたお店の男性店員の制服です。

ギャルソンはやばい。

やばい。
正面はなんだろう、普通なんですよ。ネクタイも好きな方というかもうなんかネクタイ締めてれば誰でも素敵に見える変なフィルターの持ち主なので、下半身より上半身の方が正面は格好よく。ギャルソンの何が良いって腰が…
変な話よくない。
よくないけどとりあえず、腰に巻いてるギャルソンが好きでした。
これでもちゃんと仕事してましたよ…

ちなみに絵の文句、「ヤット」ではなく「セット」です。「セットアップ」です。

そんな感じです。
HTMLの神は降りて来なくていいので目ん玉どうにか治ってください。
あ、アレルギー用の目薬さそう…

お絵かき事情 四

  • 2015.03.17 Tuesday
  • 00:13

前回の続きです。

色をつけていきます。
前回までに仕上がった線画のファイルを開いたら、既存のレイヤーセットの名前を「線画」に変更し、これの下に新たにレイヤーセットを作り、名前を「色」に変更します。
このセットの中に色を付けたレイヤーをまとめます。

まず1枚通常レイヤーを作成し、名前を「肌」に変更。

線画のレイヤーを必要な物だけ表示させます。
いまは「身体」「髪」「シャツ」でとりあえずいいかな。

ついでに、「線画」レイヤーセットを「領域検出元に指定」しておきます。

「自動選択」ツールで肌色にしたい部分を適当に選択。その際、線の切れ目とかで思うように選択できないことがあるので、そういう部分は「選択ペン」とかも使います。
肌とシャツとか、肌と髪が重なる部分は範囲を少し広めにとります。

こんな感じかな。青いところが選択範囲。

この範囲に肌の色を置きます。今回はDさんを描いてるだけなので、元々あるDさんの肌色を使います。

レイヤーの塗りつぶし。

範囲外に変なものを描いたりしないように、不透明度保護をして1枚完成です。

同じ要領で、ほかの部分も塗って行きます。髪は最後に残します。

服の色を全て置き終えたら、最後は髪を塗ります。
髪はただ塗りつぶすだけではなくて、「筆」ツールも使って細部を仕上げます。

まずは大ざっぱに範囲を選択して塗りつぶし。

「筆」ツールを選択し、サイズは5〜8くらいで色がついていない部分を塗って行きます。

仕上げた後は下のような感じ。

面倒なんですが何故こうするのかというと、個人的なこだわりがあって、ちょっとでも自然な感じを出したいからです。髪のうねりとか。

全体を仕上げると下のような感じです。

ここまで来たら、次は「色」セットを非表示にして、「線画」セットを複製します。
複製したセットの名前を「線画(仕上げ)」に変更し、「線画」セットを非表示にします。

服の内側に隠れてしまう腕の部分とかを消していきます。
ラフの仕上げの時と同様に、レイヤーの名前についている「(2)」を消しながら作業します。目安です。

途中のスクショを撮り忘れたので結果だけ、どん。

いわゆる線画の完成形を作ります。マイクは保留。

ここまで来たら、あとは「色」セットを再表示して、これに影をつけて行きます。

「線画(仕上げ)」セットの不透明度を保護して、「色」セットを表示。
肌、シャツ、ジャケット、ジャケットの襟、蝶タイ、と影をつけ、最後に髪。
この作業は細かいので詳細は省略します。

いつも塗る順番は大体決まっていて、肌を最初に塗ってから、次はシャツ→上着の順。

塗ってるうちにわけが分からなくなって曖昧な感じになりました。ごめんなさい。

次は髪。逆さにして塗ります。
さっさと払うようにして塗って行って、

影を塗ったら全体に少し手を加えてぬりおわり。

人物を塗ったら、次はずっと残しておいたマイクを塗ります。マイクの線画を表示させて、「色」セットの「髪」レイヤーの下に通常レイヤーを作成、名前を「マイク」に変更。線画を元にマイクの色を置きます。それに影をつけたりして完成。
頭のあみあみの部分もそれっぽく「鉛筆」ツールとかで描き込みます。

マイクを塗り終えたら、今度はマイク周辺の不要な線を消します。ここだけ手付けてなかったので。

こんな感じで消して行って…
最後は色の抜けてる部分(範囲選択もれの部分)とか、色を置いたことで見えるようになった線の消し忘れ部分とかを調整した後、髪にもう少し手を加えて人物は完成です。

…これがただのDさんのアホ絵なら、水色もしくは桃色の背景をつけておわりなんですが、今回はちょっとお祝いをしたかったのでもう少し手を加えることにしました。

イメージは、ちょっとふわふわした感じ。「勘違い」してるんだけど、でも「嬉しい」し…みたいな。
うん…シャボン玉…とか?

そんなんで、フォトショでシャボン玉っぽい丸い図形を作って、SAIに持ってきてさらに色を付けてなんちゃらかんちゃら…。

才能は無いのに手を加えたがる人間なんです。
はい。

 

ということで完成したのがこちら。

6日の受賞者発表の後書き上げて、7日に日付が変わった頃にtwitterでひっそり流したDさんです。
主演男優賞&パーソナリティー賞受賞おめでとうございます。
…という気持ちを込めたつもりなんですが屈折して見えますね…デフォルメ化しきってない感じになりました。申し訳ないです…。

なぜ持っている物がマイクなのかというと彼なりに思う所があるからであり、かつそのマイクにも秘密があります。その話はまたいつか。

 

ということで、これまでのやり方でほとんどのらくがきをそれっぽく仕上げております。
間違いだらけだったり、「そこもう少し工夫すればもっと出来よくなるよ」みたいなこともあるかもしれないですが、今のところはこんな感じです。

お絵かき事情4つ目でやっと完結です。おつかれさまでした。

もっとよく仕上げたかったな…。

お絵かき事情 参

  • 2015.03.15 Sunday
  • 23:39

前回からの続きです。

服を描いて行きます。肌に近いものから順に、シャツ→タイ→ジャケット。その後小物を描きます。
まずシャツです。

前回までに保存した線画を開いたら、「髪」レイヤーを非表示にし、「身体」レイヤーの不透明度を下げて「シャツ」レイヤーを表示させます。
ラフの時には急いでいたので、このレイヤーには襟しか描いていませんでしたが、仕上げの段階で全体を描いて行きます。

準備完了。

前回までの修正で首の線とか肩の位置とかも変わってるので、そこも修正しつつ進めていきます。

襟を仕上げる前に全体の形を適当に描きます。
その際、ラフの時に作った「シャツ袖」レイヤー(袖だけ描いてたやつ)を非表示にして、別のレイヤーに袖部分を描きます。首元と被ってたりするので混乱回避のため。
襟の形を整えて、袖を描いて…としている間に、ダキシードといえば腰に何か巻いてるな、というのを思い出しました。

急いではらまきを書き足し。

これ「カマーバンド」と言うらしいですね…礼儀も何もないので名前すら知らず。
某紳士服メーカーのホームページでいろいろアイテム検索しながら見てたんですが、もう少し手を加えたいと思ってもここは隠れちゃうので少し手抜きしました。

はらまきの位置も間違えてるような気がしつつ、シャツの仕上げに戻って今度は胸元を描き込みます。
もろごっちゃごちゃになる部分なので、新しいレイヤーを作って線を一本一本丁寧に。

うん、まぁこんな感じで良いかな。…なんか違うような。

疑問符を幾つか思い浮かべつつ、もうひとつ新しいレイヤーを作って腰元のズボンの線を何本か引き。

シャツを着てズボンを穿きました。一安心です。

レイヤーを全部重ねるとこんな感じ。マイクは混乱の元でしかないので常に非表示です。
何かしら間違えてるような気がしないでもないですが、まぁいいです。
線のはみ出ている部分は、後でもう一度確認して消します。

次は蝶タイを描きます。
ここでは身体と髪と胸元と袖のレイヤーを非表示にして、「シャツ」レイヤーの不透明度を下げて形を描いて行きます。
元々のタイのレイヤーを表示したあと、参考画像とかを見つつ新たにそれっぽい形を描いて行きます。ざっと描いたら、あとはこれまでと同様に線の修正とか調整。

細かくカリカリして…できました。
手順としては、元の「リボン」のレイヤーにタイの結び目を描き、次に新しいレイヤーを作ってそれに蝶タイの形を描きます。もう1枚レイヤーを作り、2枚目のタイの形を描き、更にもう1枚作ったレイヤーには、「リボン」レイヤーから削除した首に回る部分を新たに描きます。
その後、線の調整をしたら「リボン」レイヤーに蝶タイの形を描いた2枚を結合。名前を「蝶タイ」に変更し、残った首回りの部分はそのまま残して「タイ紐」に名前を変更。誤ってどちらかのレイヤー移動を行ってしまった際に位置関係がずれないようにピンつけてリンクさせて終わりです。線画の修正の段階でリンクって滅多にしないんですが、どうしてもずらしたくない時とかは保険かけます。

さて次です。問題のジャケットです。
ラフの時に襟の部分とその他の部分を分けて描きました。修正の段階でもその通り描きます。
まず「スーツ」レイヤー(襟部分だけ描いたやつ)を表示します。
「身体」と「髪」と「蝶タイ」レイヤーを非表示、「シャツ」と「袖」と「カマーバンド」と「ズボン」レイヤーを表示して不透明度をさげます。さげます、って常に言ってますが、私は大体30%くらいです。

形もだいたいいいんですが、大ざっぱに描きすぎて「マフラーでも首に掛けてるのか」って感じになってるので、これを本来のイメージに近付けます。

こんな感じかな…

途中ですごくすごーくバカなことをしていたのを思い出して、身体の線とシャツを直したりしつつ、ジャケットの大まかな形を描きました。

線の調整をしてジャケットが完成。

これに小物を描いて行きます。ポケット、ボタン。今回は胸ポケット見えないのでチーフは描けません。
実は描く気満々でした。
これまでと同様に、適当に形を描いてから線を整えます。

ボタンは既存レイヤーに大体の位置を描いていたので、それを元に描きます。
ポケットは大体の位置を決めてから形を整えていきます。
そして完成。

ポケットはジャケットのレイヤーに結合して、ボタンはボタンで別のレイヤーにしました。

ここまで完成したら、各レイヤーを確認してはみ出ている線を消します。
主に下の画像の丸印のようなとこです。ジャケットならジャケットで、ひとまとめで表示した時にそれっぽい形で確認できるようにするためです。

これは個人的なこだわり。

そんなこだわりの作業を終えて、ひとまず全レイヤーを重ねて表示してみます。

これだけで見ても随分変わりました。なんかもっとごちゃごちゃしてる。
そしてここへ来て気付いたのですが、身体的尺度が幼児…まあ…サイズ大きいですからね…人の。
これでいいです。

使ったレイヤーの枚数は下。

いつもこんな感じです。
前の回で「身体のレイヤーはひとつにまとめてしまう」と書いたんですが、結局色を塗るまでこのままで来ました。

 

ここまで何時間かかったのかなんて見てませんが相当使っている気がします。
この記事書いてなくても同じくらい時間使うので、いつもと変わらない程度ですがさすがに疲れた…

次は色付けます。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM