1日が早い

  • 2014.08.22 Friday
  • 23:59

少し前までは、「ああ、まだこんな時間か」って思ってたりしたんですが、今は「ああ、もうこんな時間か」と思うことが多くなりました。
まあ、遅く起きているのがまずその要因ではあるんですが。遅く寝ようが早く寝ようが、早く起きれる時は起きれるくせに気を抜いていると昼に起きます。そうでなければ一睡もできずに朝を迎え、昼に寝ます。
生活リズムがおかしいです。
働きたくないけどバイトしたい。これまで色々あったし、いまも色々あってそんな感じの矛盾思考状態です。
事務所には詰められたくないけどお金は欲しい、みたいな感じなんだろうか。我ながら謎だ。

ところで、少し前にこんなの描いてました。


何気なくペンを持ってタブレットにガリガリしたんですが、たぶん蔦って、髪を上げるとこうなると思う…前髪も長いんで「全部まとめれば視界良好だろう!」って言われそうなもんですが、きっとこう。
この状態でも、頭上から水をぶっかけられると顔全面に前髪が貼り付いて悲惨な感じになるんだろうなと思っております。ホラー方面に怖い蔦です。
で、色付け。


色がまだちゃんと決まってなかったんですが、以前に描いたラフにサンプルが上がってたのでそれを使ってみました。まぁいいんじゃないかなー。
と、まぁ適当な感じで。でもこれで完成です。色は。
あ、でも着物決まってない…羽織も…。
まぁいいや。仕上げとか色々忘れてたので、3段方式でアップ。


これ全てツイッターで先に公開してました。
いやあ、更新が楽でいいですね。…え?サイトがめんどくさいとか言ってませんよ?ここはボクの家ですしはい。

といった感じで最近の作業報告です。らくがきばっかりです。ばっかりといっても1つ。
テキストの方なんて全然なので、近いうちに湯布院でも書こうかと思います。湯平を先に進めたいなぁと思いつつ、今書けるのは湯布院かな、と。ただ、最近またメモを取る機会が減ってしまったので、上手く書けるかは私の気持ち次第ですね…がんばる。

マビノギもなー。なんか書きたいなー。オリジナルでもいいから何か。
ああ、どうせなら以前から練っていたアレを書いてみればいいのでは…完全オリジナルで…ほう…。
と、いう感じでちょっこしやる気がわいてきました。
柊でした。

最近PC起動するとすぐ艦これだからその癖をとりあえず直す。

蔦くん完成形です。

蔦はおっとり

  • 2014.06.24 Tuesday
  • 00:11

性格です。蔦の。
身長が高いノッポくんなので、動きもそれなりにトロく見えます。
ただし、走るのは早…いのかどうかは、今後の展開にお任せ。三朝みたいに、泣き虫へたれだけど実は強いとか、そういう裏設定つけたいかなーと思ってたりもするんですが。
まぁ何か考えておきます。

今日追加した「想うからこそ」ですが、先日追加した「離れていても」の続きになります。
2年経って、成長したからこそ抱えることになったお嬢様の悩み。それを解決したり、しなかったり、します。
きっと他のお嬢様相手なら、蔦もあんな風にはならなかったんだろうな…二度目に会うお嬢様だからこそ、ちょっと違った雰囲気を感じたり、自分の思い込みとか、2年の間の妄想とかで培われた勘違いが、ああいう風にさせてしまったのかな?
女性であるお嬢様なら、誰しもが抱えそうな悩みですもんね。いつもの蔦なら気付けたはず。
蔦も立派な男になった物です。

そんなこんなで、まだまだ続く蔦です。

湯平の「恋つぼみ」の続きも書きたいんですが、公開までまだあと5か月あるなぁ…そこはきっちりする柊です。
お嬢様との絡みじゃない方から書こうかなぁ…その方が、湯平のこともっとわかってもらえそうですね。何であんな子に育ったのか、っていう部分は誰しも気になる点だと思っている…。

こんな感じで。
ちょっと調子戻ってきた気がする?ようなしないような。柊でした。

ごめん猿倉

  • 2014.06.17 Tuesday
  • 19:02

手抜きはいけない、って思った。

 


昨日の猿倉のバストアップ。あれ身頃の合わせ逆だったので直しておきました…
何でも手抜きはいけないなと思った瞬間。
「イメージつかめればそれでいいか!」って思って描いてたのは確かだったので、今度からは気をつけます。
手を抜かなければ気付けた部分だと思う…反省。

あと、これサイトの方では上げてなかったのかな…?


初出:2014/5/20
誰なのかはわかるかと思いますが…何でこんなの描いたのか、っていうのは、まぁ…そのうち。

あとこれもサイトでは上げてないかな…?


初出:2014/4/12
別な誰かを描いてみようと思って、結局湯平になった…んだったと思います。

あとこれもサイトでは…フゥ。


初出:2014/4/24
誰かはなんとなくわかりそうな物ですが…そのうち修正して色つけて正式に発表しまーす。

あと余談ですがこれも…ハァ。


初出:2014/4/12
誰なんだろう。湯平かな。一時期ついったーで流してた「おやすみ絵」の…新作?
忘れた…だめじゃん!

余談ばっかりでしたが、こんな感じでサイトに公開してなかったらくがきたち。
サイトの方が本拠のはずなんですけどね…最近ついったーが主になってきててごめんなさい。
以後気をつけます。

猿倉くーん

  • 2014.06.16 Monday
  • 18:58

昨日という感覚なんですが…今日の更新で追加した、猿倉の短編。
会話メモを消化しようと思って、お菓子蔵から引っ張ってきたモノです。ついでに、猿倉の性格とか固めようかなと思って。
最初は「穏やかで滅多に怒らなくて」って考えていたんですが、それじゃ蔦と似てるな、と。何かに怯えてるような性格にしてもよかったんですが、それじゃたぶん、じいより酸ヶ湯に恐れを抱くと思う。
なので、「酸ヶ湯以外の温泉の精と、じいは受け付けない」という部分は残して、他は変えちゃいました。文章にするまではあくまで「案」の段階なので、まぁこれはこれで許されるかな…。
そんなこんなで、猿倉始動です。

猿倉と言えば、冬場は冬眠することで有名ですが、精はどうなのかなー、うーん…。冬眠してもいいんです。というかたぶん、しないと本当にひとりぼっちになるので、入浴客が来れない、もしくは酸ヶ湯が遊びに来れない間は、ひたすら寝続けてるのかな。その方が暇しなくていいし。
会話メモを見るとわかりますが、よく暇を持て余して「酸ヶ湯ー!」って呼んでるくらいの子なので。
そんな感じですかね。

あ、あと猿倉のバストアップこんな感じです。


温泉擬人化のキャラ設定にあげてあります。
髪はあれです、ナイフなんかでこう、適当に削ぐようにして刈ってるので、バサバサなイメージ。それなりに後ろ髪もまとめてますが、なんたって雑。解けることはないですが、解こうとした時は絡まって「うがー!!」ってなる。
本当は短髪にしようかと思ってたんです。その方が荒ぶる野生児っぽいかなと…ただ、そういう見た目とかに無頓着な子で、髪だって本当は切ればもっと動きやすくなったり、手入れも楽になるんだろうけど、そんなことは全然知らない。初めて酸ヶ湯を見た時に、「あれ、なんかこいつ髪の毛短い」って思ったのが、初興味だった、みたいな感じです。でも自分のを切ろうとは思わない。不思議です。
あ、サイドの髪だけは、たぶん酸ヶ湯を真似て短くした。

猿倉、改めて見て思いましたが、後ろ髪が右耳のすぐ後ろに束ねてるように見えますが、無造作おだんごは後頭部のど真ん中にありますので…。

あと、他の既にラフ公開してるキャラについても、同じサイズにカットして再掲載しました。絵自体は変わってないです。

そんな感じで。
久しぶりに頭悩ませるようなことをしたら頭痛が出てきました…使わないとダメね。のうみそも。

ーーーーー

6/17 11:30追記
はっ…手抜きで全部裏返して描いたのが裏目に出てる…合わせ逆ですね。今日中に余裕があったら直しておきます。

湯平の今昔

  • 2014.06.14 Saturday
  • 18:00

昨夜というか、もう既に今日に日付が変わった辺りから。
自分で書いた湯布院小説を読み返していました。それで湯平のことで少し考えた。

「兄弟」で絡んでくる湯平は、まだ「湯布院より紳士」ってイメージで動いてた頃の物です。
「湯布院の弟をしております」なんて台詞とか、今では考えられないくらい言葉が落ち着いてる。

もしあれを今の湯平で書こうとするなら、「僕を捨てた兄さんなんか、だいっ嫌い!!」くらい言いそう。
じいの遣いで2人に会いに来てるけど、それも「じいが行けばいいじゃん」って不貞腐れたり。それでも行かされたら、「兄さんがライスカレー作ってくれるまで帰らない」、「兄さん、おまんじゅう買って」、「兄さん、いちご大福食べる」、「兄さん、疲れたおんぶ」とか、わがまま放題。
見かねたお嬢様が心配して声を掛けると、湯布院の腕を引っ張って「あのお嬢様、嫌い」と口を尖らせ兄を怒らせた挙げ句、泣き喚いてじい召喚の大惨事…。

違いすぎる…!

ただ、どっちが好きかと聞かれたら、どっちも好きです。
定まらない紳士湯平も、定まっちゃった甘えん坊で癖のある湯平も、どっちも私の子だから、どっちも好き。

でもまあ、アレはアレでいいのかなとも思います。
湯平も頑張って、最後に湯布院にイイトコを見せようとしたってことで。
一人でも大丈夫って見せられたから。「兄さんがいなくても、ちゃんとやって行けるよ」ってことを伝えられたんだと思う。
湯布院もあんな湯平を見たことはなかっただろうし、結構混乱も疑いもしたと思う。自分の知る湯平が目の前にいるのに、いつもみたいに甘えてくれない。途中で少しほぐれかけたけど、その隙に付け入れないくらい湯平は変わってて。もう自分がいなくても大丈夫なんだって思ったら、少しは安心できたのかな、と。

今でこそ、こんな風に裏表のある湯平に仕上がってますが、当時は全然こんなこと考えてなかったです。ただ、あれを発端にして、兄である湯布院に「まだやるか!?」ってくらい絡んでいく。厄介者にしようかと思ってました。
まあ、そこは人間である湯布院と、温泉の精である湯平なので、絡みと言っても限度はありますが。湯平だって、由布院の半分見回るようになってるし。そんな時間もなさそうですよね。

ところで、お菓子蔵にはじゃんじゃん兄弟の絡みを落としてるんですが、たぶん誰も見てないと思うのでここで湯平の今。

いつの間にか湯平は、兄さんとのしりとりが大好きになっていました。
「兄さんしりとりー!」と声をかけ、目についた物の名前から始めたりして。時には「二文字しりとりー!」なんてのもやってます。続きます。アホほど続きます。たぶん小説にすると「そんなこんなで1時間経過し」みたいな書き方になる…と、思います。
あと、嫌なことがあると叫んで喚いて超特急で走って逃げ出す。兄の言うことはいつもちゃんと聞くんですが、嫌だとか面倒だと思うことを「やりなさい」って言われると、話を逸らしたり。それでも相手にどうこう言われたら、「やだ!」って叫び、叱られると「うわああああ!!」って叫びながら駆け出します。どこへ向かうのかは定かではない。たぶん自分でもわかってなくて、暫く走って落ち着いたらその辺を散歩して、頭が冷えたらまた湯布院の前に出てくる感じですかね。
そして動物、とくに猫が好き。やらなきゃいけないことも忘れて、その辺の野良猫と昼寝してたり、ねこじゃらしで遊んだり、猫と会話したりします。
それから、カメラを常時携帯しては何でも激写する。シャッターチャンスが迫ると、どこからともなくマイカメラを取り出してレンズを向けます。特に多いのは、湯布院の姿。相手が気付いてなくても撮ります。合言葉は「げっちゅ!」
んで、撮影した兄の盗撮写真やら、お古になって「捨てようかな」なんて言っていた私物を収集するのが趣味。「兄さんの寝顔げっちゅしたー!」とかよく叫んでいます。本人の前でも平気で。アルバムとかコレクションとか眺めながら、「兄さんの寝顔、兄さんのエプロン、兄さんの…」。一番多いのは湯布院の寝顔かな。
好きな食べ物は「おまんじゅう」だとか「大福」だとかよく言いますが、一番好きなのは塚原のおはぎ。
大好物は湯布院の「ライスカレー」で、365日毎食食べたがる。

なんかただの変態だ!兄バカだ!ブラコンの息を越えている…!!
胸を張ってブラコン宣言する子なので、もしかしたらこれが普通なのかもしれませんが。
こんな風になった理由はもちろんあります。けど形にできていない以上、周りから見たらやっぱりただの変態兄バカ。

これ…湯平なんですが、よくよく考えると、初めてきちんとうまれてきた私の「子」になるんだと思います。温泉擬人化の域を越えると、完全にそうなりますよね。
「温泉に宿る温泉の精」と「湯布院の弟」ってことだけを公式からは引っ張って来てるので、そこをナシにしたただの人間だったら、それこそ小さい頃から兄一筋で女性が苦手で、「死ぬまで兄さんと一緒にいるんだ!」っていつも宣言してるような子じゃないかな。
今のそのままです、精としての務めがないだけで。あとうちの湯平の本来の兄は「由布院」なので、もしかしたら湯布院も公式じゃないのかもしれない…性格は引っ張って来てますが。

なんかもう、「ゆのひら」って名前から性格から容姿から何から何まで、そのひとつを形作る全てが愛おしくてたまらない。
ここまでほぼすべて、今朝ついったーで呟いたことを膨らませて書いてきましたが、本当にこの通りです。我が子って、そう考えるだけで恐ろしい…親ばかなんですかね。そうですよね。

あとこれは、もしかしたら実現するかもしれないのでそのためのメモです。
あの兄弟を、そのまま引っ張って来て兄弟の物語。書こうかな、と。前々から考えてはいたんですが、さすがに温泉の精の物語とも違うので、どういう形でやろうか悩んでいたんですが。
名前作っちゃったし書こうじゃないか。
兄・由布院と、弟・湯平を現代にポッと放り投げた時、それらしい名前をと考えて、
兄「湯沢 由布貴」 (ゆうき)
弟「湯沢 良平」 (よしひら)
命名。
苗字はまだ検討します。二人とも「その通り」の名前にしたかったんで、「湯」って漢字の付く苗字を思い浮かべた時、一番最初に浮かんだのが「湯沢」だったんです。他の「湯口」とか「湯瀬」とかよりはしっくりくるのかなーと思ってはいますが。
「湯浅」とかもあるのか…「湯上」…うーん。

あ、ちなみに親戚の塚原は「塚本 原」(はじめ)くん。です。
安直。スミマセン。

そんなこんなで、湯平のことでした。
好きだ。湯平。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

talesweaver

3キャラメインに活動中。

ランジエ(柊かりん).jpg
[ 柊かりん:277 ]
タイプ:魔法
テチのサブで作ったつもりが、ちゃっかりメインの座に上り詰めている、テイルズウィーバーのショタ坊。

ティチエル(夏琳).jpg
[ 夏琳:241 ]
タイプ:補助
オープンβテスト参加時に作成し、それ以来削除されることなくこれまで生きながらえてきた、唯一のキャラ。

アナイス(ベリーチア).jpg
[ ベリーチア:135 ]
タイプ:魔法人形
ティチエルにもランジエにも飽きた時に動かした子。
クラブ「キンモクセイ」のマスターで唯一のメンバー。

▲2019/5/15

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM