こういう展開、あってもいいかなって

  • 2014.05.18 Sunday
  • 19:17

ご無沙汰でした。
ハデス様の「ego te volo」のこと。

本当の最初の方でちょっと触れてますが、結衣ちゃんには恋人がいたりしました。もちろん、「ハデスさん」のことは忘れてるので、彼女に悪気があったわけではないです。「なんか違うな」って思いながらも、彼のことも「好き」だから断るに断れなくて…って感じだったんだと思います。
まあ、「どうでもいい相手」とも思ってなかったし、好きなのは好きだったと思うので、結衣ちゃんも複雑な想いだったと。
でもやっぱり一番はハデスさん。

16日に更新済みの第4話。
あれを書きながら、「あれ、これってハデス様が結衣の前に現れた翌日のことだよな…」などと思っておりました。確かにその通り、展開が少し早すぎました。反省。
まあ、何と言いますか…このぐらいの早さでもよかったとは思うんです。じゃないとハデス様、お布団から暫く出られないと思うので。
ここから少し裏のお話。
引いたおみくじ、恋愛御籤なんかにしとこうかなとも思いました。で、吉凶は「大凶」、運勢「波乱の幕開け」みたいな文言が書かれてたら面白かったかも…。
egoを書き始めた当初はそんな道筋を思い浮かべてたりしました。ハデス様の初登場シーンに隼くんもいて。実際は参道も上がらずに手を振って別れましたが、結衣ちゃんを家の前まで送ろうと二人で境内を歩いてる所に、「結衣は渡さん!」ってハデス様がいきなり叫んで出てきて、でも夏の暑さでやられてパタリ倒れた所に結衣が思いがけず走り寄って…という。
そっちの展開だと修羅場が見られたかもしれません。どう見ても変な人、だけどハデスを放っておけない結衣が家で介抱しだして、隼もそのことを知ってるんだけど何も口出しできず。結衣とハデスは数日一緒に過ごすうち、また箱庭のような関係に戻って行き、隼はハデス同席の元結衣にばっさりフラれる。
結構…可哀想、ですか。そういうのも書いてみたかったんですが。この物語に関しては、ハデス様の「しあわせ」に重点を置いておきたいので、やっぱりいまのでよかったのかなぁ。
egoに関しては、数日の流れを終えたら二人の日常をぽつぽつ描くようなタイトルにしたいと思ってます。むしろそちらを早く書きたくてうずうずしてたりもする。

5話でばっさりフラれた隼くんですが、と彼のことを思い浮かべて思い出す。
今思えば「spes」の最初を見ると「また明日」ってちゃっかり言ってますね…おかしいな。結衣ちゃんが忘れてたのかな…それとも隼くんにその気があったのかな…うーん…すみません私のミスです。
「隼くんにその気があった」ってことにしておきます…。
そんな、ちょっと積極的な隼くん。そんなに荒々しく食事するようなタイプではないです。無理矢理家に連れて行こうともしないし、夜遅くまでどこかへ連れまわすと言う事もしない。
でももしかしたら、結衣の家に多少の恐れを抱いていたのかもしれません。家が家なだけに、あまり不良なことはさせられない、と。いい人です。
いい人なんだけど、少し未練がましい。結衣のこともよく見てるので、ハデスが親戚だと結衣が言ったことに対しても、「あ、これは嘘をついてるな」ともすぐにわかった。「相手は容姿も綺麗だし、きっと自分なんかより彼の方が結衣ちゃんには合ってるんだろうな」って思って、身を引く決意はするんだけど…でも、結衣に会う機会は失いたくない。
彼はたぶん、ハデス様の気持ちも何となく感じてると思います。ハデス様は本心を露わにする前にいなくなりましたが。
少し不憫なキャラ…ですかね。登場してすぐにフラれる、という。

あ、ちなみに隼くんの苗字…考えてなかったです。
何から何までごめん、隼くん…「シュン」っていう名前は最初から決めてたんですけどね。

せっかくだから隼くんも幸せにしてあげたいですね…いつかね。

たまご

  • 2014.04.30 Wednesday
  • 20:35

ハデス様は卵がお嫌い、だとか。ハデスルートの恋愛END1しかクリアしてないので、それを表現する場面を見てないので言葉でしか知らないんですけどね。
なんとなく…朝食って言ったら、生卵、あってもおかしくないかなぁ、とか。思いつつ、pacemの終わりをオモシロっぽく仕上げてみました。

更新履歴のmemoの方には少し零したんですが、これ以降の展開をどうしようかなー、と悩んでいます。
こんな風に書くのは初めてかもしれない。初めて…ですね。
一応、ふたつは考えてるので、どちらかになると思うんですが、まぁ…どちらにしろ、ハデス様がおかしいことになるような気が。1話の時点で既におかしかったですけどね。しかし、そういうことでなく。もどかしい気持ちとか、出て来るんじゃないでしょうかね…きっと。
そこのところを上手く書けたらいいな…重要な所でトチるのが柊なので、「またやらかした」ってことにならなければそれでいいんですが。
何分、これに関してはメモってないんで。「設定メモ」が存在しないので、一つ間違うと同じ過ちを繰り返したりということになるんですね…そこを、書く前から恐れてしまう神々の悪戯です。
あまり変なのは書けない。…あ、もう書いたか。

ところで先日。26日。初めてモスバーガーの「リッチモスチーズバーガー編」のCMを目撃。それから数日は頻繁に見てますが、それまでは一度も見たことが無くて、ずっと「見たい見たい」と思ってたんですよね。地域差があるみたいだったので、ちょうど25日以降とかにこちらで放映され始めたのかな。
ま、そこはどちらでも構わないんですが。
ネットのモスHPでも視聴は出来るんですけど、やっぱり生で。テレビから流れる音声で聴きたいと思って、ずっと我慢してたんです。そしたら、結構酷い体勢でスマホを弄ってる時にいきなり「モスバーガー!」って流れて、慌てて正座しました。
姿勢を正さないと聴けないです、あれは。ただの…そう、ただの、モスバーガーのCMなんです。たったそれだけのことなんです。それっぽっちのことに、わたくし、正座します。頭を下げます。「ありがとうございました」と。
「自分のことのように嬉しい」とか、言うんですか。親でも妹でもないのに、そう思ってしまう。CMが流れる度に嬉しいです。
ありがとうございます。モスバーガー。もす。小野大輔お兄ちゃん。

そんなこんなで、録音したCMの音声はiPodに保管しております。
いつでもどこでもモスバーガー!
いえい。

…すいません。
こんな感じの今週です。

クライアントのミスで予定が狂って頭に来てます。以上です。

……そんな時こそモスバー…ではなく、湯布院+愛染明王アプリをどうぞ。

ハデス様書きました

  • 2014.04.09 Wednesday
  • 16:54

4月6日に追加した「ego te volo」の話。
 
3月に発売された、公式ファンブック。あれの中でスチルのページを見ながら、ふと思ったのです。
「他のみんなの恋愛END1は大抵、神が結衣の元に現れているのに、ハデス様だけ姿を見せていない。おかしい。」
と。
まあ、普通に考えて「おかしくは」ないんですよね。ハデス様はハデス様なりに結衣を愛そうとして、ああいう道を選んだから。
彼は死を司る神で、自分が抱える不運に自分自身も苛まれてて、そういう境遇を諦めてるような雰囲気さえある。心から好きになった人のことはやっぱり自分の手で守りたくて、でも守ろうとするとそのうち自分の手で結衣を傷つけかねない。遠くから見守ることで、自分の願いを叶えようとしたのが、ハデスの恋愛END1なんだと思います。
でもそれじゃあ、突き放された結衣が可哀想だな、と。結衣自身、ハデスの気持ちはわかってるんだけど、理解はしてるんだけど、どこか納得できない部分はやっぱりある。それでも人間の世界に戻らなくちゃならなくて、戻ったら戻ったで箱庭であったことなんて全て忘れてる。ハデスのことも忘れてるし、彼に抱いた想いだって忘れてる。
そういうのが、妙に哀しく思えて。どうにかして二人を、二人だからこそ描けるであろう「幸せの形」を作ってあげたくて書いたのが「ego te volo」になります。
 
ただ、まー色々矛盾してるなーと思う所とかはあって、でも自分でももう大目に見てしまってます。「絶えない祈り」の歌詞も、理解していくと私が書いた物語だと「ハデス様の意志弱すぎる!!」って思います。
でもいいんです。自分の信念を貫き通すことさえ辛くなってしまうほど、二人が離れてた間の数年は重く辛かったんです。お互いに。
ハデスは「結衣が呼んだから」とか「危なっかしい」とか言ってますが、ただ結衣にベタ惚れなだけだと思います。
「俺がいなきゃ何も出来ないんだから!しょうがないな!」
みたいな感じだと思います。そこまで積極的な男だとも思えないですけどね…人生でたった一度、人間に激怒する瞬間があるとすれば、結衣の身に起こった一つの変化だったのかなー…などと。
のんびり続きを書きつつ明かして行こうかなと思います。
 
今回追加した小タイトル2つ分ですが、本当は1つにして公開しようと思ってました。書いてる最中もそのつもりで、でも二人の再会と、冥府の神であるハデスが人間の世界の日本の神社っていう環境になじむことは、やっぱり別にした方がいいのかな、と。
環境に馴染むと言えば、浴衣…。
ちょっとしたネタバレですが、ハデスの視線から言うと、冥府の奥の端っこで「結衣、結衣」って嘆いてたらいきなり狛犬の脇に立ってた、みたいな突然の変化だったので、着るモノがなぜか冥府で身に着けてた服。心の準備も何も出来てなくて、しかも自分が今立っている場所がどこかもわからない。でも結衣が近づいて来てる気がする、とにかくここで待とう。そんな感じであの展開でした。
普通に登場してたら、きっと両親にもすぐに受け入れられたのに…ってちょっと残念に思う辺りが、人間になって初めておとされた不幸だったのかな。
 
そんな今後のハデス様ですが、浴衣に愛着が沸いたり沸かなかったりします。
 
毎度のことですが、今回も、です。
こめでぃちっくな柊の世界をお楽しみくださいませ。
ではでは。

かみあそ

  • 2014.02.25 Tuesday
  • 11:35

去年、11月頭くらいに、大本命のハデス様ルート…確か恋愛の1だったと思います。「大恋愛!」ではないのに、切ないのに、凄く幸せなENDだったと覚えてますが、彼をクリアしてから数か月。
この間、時々会話メモを蔵やツイッターに残してましたが、それとはまるきり違う内容で書いてみました。
ぽっと頭に浮かんだ単語が、「ファンクラブ」だったんです。もしハデスファンクラブなんぞが出来ようものなら、きっと本人は怒ってすぐに解散させちゃうんじゃないかな…と思ってみたりしました。ただ、どんな仕打ちを受けたって真の会員さんたちはめげずに集まりつづけると思うので、ハデス側も諦めたりするのかな…とも。
まあ、そんなこんなな妄想を膨らませているうちにあの形に落ち着きました。
 
またも、前回書いた物からひにちが空いてしまい…文章を連ねる技術はどこへ行ったものか。寝ぼけながら書いてるから、とかいうのは理由にならないと思うのです。実際ならないでしょう…昔は眠くても眩暈しても、意地で書きたいところまで書いてた気がします。心身ともに体力が落ちた証拠ですかね…歳だけなら若いはずなのに。歳だけなら。
 
…ねむい。
昨夜もこれを書いていて1時頃まで起きてしまったので…寝ましょう。
 
実はもう0時半。
やっぱり文章がおかしい…そうだ…ねむいんだ、だからだ…そうだ……

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM