ゴッサムに持ってかれた

  • 2015.09.06 Sunday
  • 00:23

今日は久しぶりにサイトを弄ってたりしました。

イラストと小説、それからオフラインのページがそれなりに変わってます。

久しぶり過ぎてなのか、結構楽しかった。

ただ、15年とかそのくらい前からパソコンを使い始めて、それ以来ずっと酷使してきた両手首がさすがに痛いです。

何と言えば良いのか、手首の内側、の、内側?
小指の付け根の方。親指の付け根じゃない方。そこにポッコリ、コブみたいなのが出来てて、長時間マウス操作をしたりキーボードを叩いていたりすると、痛くなってきます。
そのコブみたいなのは、他人に触らせると「うわっ」て言われます。両手首ともそうなので見た目に違和感はパッと見では感じないんですが、自分ではなんか不気味。
手首を使いすぎると触るだけで痛かったりします。病院に行くほどじゃないというか、職業病みたいな感じの物だと思ってるので、大事にはしませんが。

頑張った証…みたいな。
パソコンスキルを多くとった代償がこれ…みたいな。

好いんだか悪いんだか。

 

さて、先月の20日辺りですか。
1か月くらい前から気になっていた「ゴッサム」なる海外ドラマをやっと調べました。
ツイッターでフォローしてる企業アカウントが流す情報に、小野さんが主役を演じられていると書かれていたので。

たったそれだけが理由。

でも正当な理由です。そしてそれに付随する理由も多々ある。

以前から、小野さんが出演する作品はとにかく自分にとって楽しめるはずのもので、楽しめるべきものだと考えていました。
だからゴッサムも気になったんです。「小野さんが吹き替えやってるならきっと面白い作品なんだろう」って。

まぁ邪っちゃ邪なんですけど。

でもそれが理由で純粋に好きになる作品なんだからいいじゃないですか。

元のお話と言うか、バットマンはなぜか昔から敬遠してる感じで、3部作も全然眼中にさえ入れてなかったんです。でもきっと何も知らなくても楽しめるんだろうと思って。むしろこの作品を元にバットマンも好きになれるならいいんじゃないか、とも思って。先々週の土曜日に、DVDを1枚借りてきて1週間かけて2話を視聴しました。

結構ぐうたらしてるので、「見るぞ」って意気込んでからが遅いんですが…最近海外ドラマにはまってるからなのか、これに関してはちゃんと宣言通り見ました。

見てよかったと思う。見てなかったら楽しみに出会えてなかったと思う。

「小野さん出演してるけど今回はいいや…」って見送っちゃう作品もたくさんあるんです。特にアニメは、自分のなんだろ、好きな感じとか、興味をそそるものとかってやっぱりあって、「小野さんが出演してるから」って理由だけで無理に見ようとまで思いません。私にとっては「無理にでも見ること」がとてつもないストレスになってしまうので、そこは自重してます。
今回も最初はそんな感じでした。本当の最初、「ゴッサム」って言葉を見た時です。
小野さんが主役のジムの声をやってる。ただそれだけの情報しか私の目には入らなくて、どんな作品かも知る気はなかったし、見るつもりだってなかった。でもあの日思い切ってゲオに飛び込んだのは、なんだろう…ここまで語っておいて何故だかはよくわかりません。

借りたかっただけなんですかね。いつもの衝動買いみたいに、「買ったら満足するから買う」みたいな。「借りたら心が落ち着くから借りる」みたいな、そんな感じだったんでしょうか。
キャストの名前を見ても知ってる俳優さんもいなかったし。知ってたのは小野さんだけです。

そして借りてきて、躊躇ったけど思い切って見て、そしたら何か面白くて。
「1話見てダメだったらやめよう」って思ってたんです。どんなドラマとかアニメとかでもそうなんですが、1話で自分の心を掴まない作品は、見続けてもつまらないだけ、って思うんです。だからその覚悟で見たら、なんだろうな…主演のベンさんがすごく素敵に見えたというか。これまでというか、未だに海外の俳優さんは名前もちゃんと覚えられないくらい無頓着な所があるんですが、ベン・マッケンジーさんはその1話で私を捕らえたというか、興味を持てた?ような感じで、たぶんそこには小野さんが声をあててるって所も理由としてあるんだと思うんです。小野さんの声が、ベンさんの演技と交わった時のオーラっていうか、勝手に「シンクロ率高い!」とか言ってるんですが、違和感がない感じ。やっぱり言語とか文化とかが違うと、どこかしらに違和感を感じてしまう時があるんです。私は。たぶん私だけなんだと思うんですが。その「違和感」がなかったから、だから余計に自然に見えるし、引き込まれていくんだと思う。

小野さん効果なのか、ベンさんにいまめちゃくちゃ興味があって、それもゴッサムが好きになれた、なれたというかまだ4話までしか見てないので、「好きになれそうな」理由なんだと思います。

海外のドラマは、特に私が見るドラマは、いつもストーリーの最後に「なんで!?」って思わせて、その次の瞬間には次のエピソードに続くんですよ。その感じが堪らなく好きで、ゴッサムは特にそれが強い。
「早く続きが見たい!」って思わせてくれる。
キャラクター一人一人の物語とか、気持ちの葛藤とか、そういう物が気になってしょうがない。

もうすぐセカンドシーズンが始まるようですが、まだファーストシーズン入りたての私は追いつけるのかどうか。

視聴環境上DVDがレンタルされてからでないと見れないので、そうなるともっと先になるんだと思います。

でもいい。

9日にファーストシーズン・コンプリートボックスが発売されます。

予約しました。

やってしまいました。

なぜかここは前後してるんですが、DVDを借りる前にアマゾンで予約していた。

しかもBDでアマゾン限定の方。割引効いてないやつです。

何をやってるんだろうって話です。これから東京に行かなければならないというのに…その情報も調べずにゴッサムて。
行き当たりばったりで一夜を明かせるくらいの場所なら苦労はしませんが、東京は怖いところです。と勝手に思っています。
行くにはパスポートが必要なんじゃないかって時々思ったりします。そんなばかなことはない。
まぁ、まるっきり行ったことがない場所と言うわけではないのですが…それも13年とかそのくらい前の話なので、あまり記憶にもないし、その時は修学旅行で、何かあれば先生がいたし、そうでなくても同じ班の同級生がいました。
今回は一人です。何と恐ろしい事か。
しかも冬。あ、でも雪がないのはいいことですね…スリップした車が突っ込んでこなければいいなぁ…なんであっちはあんなに滑って走ってるんだろ。こわい。

話が逸れている…

何が言いたかったのかって、うーん…

 

ゴッサム面白いよ。

 

…そんなかんじ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

talesweaver

3キャラメインに活動中。

ランジエ(柊かりん).jpg
[ 柊かりん:277 ]
タイプ:魔法
テチのサブで作ったつもりが、ちゃっかりメインの座に上り詰めている、テイルズウィーバーのショタ坊。

ティチエル(夏琳).jpg
[ 夏琳:241 ]
タイプ:補助
オープンβテスト参加時に作成し、それ以来削除されることなくこれまで生きながらえてきた、唯一のキャラ。

アナイス(ベリーチア).jpg
[ ベリーチア:135 ]
タイプ:魔法人形
ティチエルにもランジエにも飽きた時に動かした子。
クラブ「キンモクセイ」のマスターで唯一のメンバー。

▲2019/5/15

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM